ビジネス

【ビジネスセンスとは?】才能ではなく取得出来るスキルである!

 

「自分って、ビジネスセンスがないな~」

ビジネスをしていて、こんな事思った事はないですか?

そもそも「ビジネスセンス」って何でしょう?

センスを直訳すると

センス  =  感覚 になります。

この感覚を具体的に説明を求められても上手く説明出来ないですよね?

なので、今回は

  • 「ビジネスセンス」とは?
  • 「ビジネスセンス」の身につけ方とは?

を紹介していきます。

この記事を読む事で、

「ビジネスセンス」の徹底理解と
「ビジネスセンス」を身に着ける事により

商品やサービスの売上を上げる事が出来ます。

それではみていきましょう!

 

「ビジネスセンス」とは?

 

この「ビジネスセンス」が無いと、
ビジネスで勝って行く事が100%出来ません。

言い換えれば、「ビジネスセンス」があれば
ビジネスで勝って行く事が出来るという事です。

質問します。

「ビジネスセンス」は「才能」だと思いますか?

大体の人はそう思うかもしれません。

実際は、そうではありません。

では、何か?

それは、

「ビジネスセンス」とは、
「感覚を刺激するスキル」です。

スキルなので取得が出来るという事です。

分かりやすく例を出します。

〈おいしそうなイメージはどっち?〉

※お昼時、コンビニにいました。
そこで、定員がこんな事を言っています。

A、唐揚げが今なら100円です。

B、揚げたてのジューシーな
唐揚げが今なら100円です。

どうですか?

感覚を刺激している方は間違いなくBですよね。

唐揚げから湯気が立っているのが
頭の中でイメージ出来たと思います。

これは、感覚を刺激された事により
見えない物が見えるようになったと言う事です。

つまり、

「感覚を刺激するスキル」は
「見えない物を見せるスキル」だと言えます。

 

「見えない物を見せるスキル」とは?

 

ビジネスセンス=感覚を刺激するスキル=見えない物をみせるスキル

と説明しましたが、

「見えない物を見せるスキル」は
「感覚を伝達できるスキル」という事です。

人は、「見たもの」「聞いた物」を
脳内で変換して実際の絵としてイメージします。

つまり、「感覚を刺激する情報」は
より一層イメージを強くするという事です。

どんなけ感覚を刺激できるかで
購買意欲が変わってきます。

「感覚を刺激するスキル」が
とても重要になってくるわけですが

では、感覚を刺激するためには
どうしたらいいのでしょうか?

感覚を刺激する情報を伝えたいのであれば「共感」を伝える事!

 

そのままの情報を伝えても脳に
印象を残す事が出来ません。

では、どうすればいいのか?

それは、「共感」出来る情報えを伝える事です。

「共感」を伝えるには、この考え方が必要です。

それが、

「TSA Thinking 」
(Tow Steps Ahead Thinking)

訳すと、「2歩先を見越した思考法」
という意味です。

〈例えば〉

唐辛子を販売している農家の方だとします。

※A、普通の言い方

「とてもおいしい激辛唐辛子はいかがですか?」

※B、TSA Thinking を用いた場合

「汗が滝になる激辛唐辛子はいかがですか?」

どうでしょうか?

A、は普通の唐辛子でしかないですね。

B、は体から大量に汗が出るイメージができ
   なおかつ痩せる事が出来そうとまで
イメージが出来ます。

これが「脳内発火」と呼ばれる現象で
強く記憶として残るのです。

この2歩先の思考(共感できる情報)は、
「比喩的な共通イメージ」を伝える事が必要です。

だからこそ、「ビジネスセンス」は、

相手が「想像で理解させる事」が最も重用な事なのです。

これまでは、「ビジネスセンス」
について説明してきましたが

次は、この「ビジネスセンス」をどのように身につけていくかを説明していきます。

ビジネスセンスはこのフレームワークで身に着けろ!

 

「ビジネスセンス」は、確かに難しいセッションではあります。

しかし、このフレームワークを使えば、

簡単に身につく事が出来ます。

そのフレームワークは、

「 V  C  I  M 」 それぞれの頭文字をとっています。

下記は同じ意味でも
言葉を変えて表現しています!

このように、一つの言葉を変えるだけで

全く違った印象を与える事が出来ます。

こnフレームワークをしっかり身に着けて

「ビジネスセンス」を磨いていきましょう。

まとめ

 

今回は、「ビジネスセンス」について説明してきました。

もう一度おさらいしてきましょう。

  • 「ビジネスセンス」とは、
    「感覚を刺激するスキル」です。
  • 「感覚を刺激する情報」を伝えたいのであれば、「比喩的な共感」を伝える事
  • 「共感」を伝える考え方は、
    「TSA Thinking 」
    (Tow Steps Ahead Thinking)」を用いる事
  • 「ビジネスセンス」は「VCIM」のフレームワークで身につく

 

冒頭にも言いましたが、この「ビジネスセンス」がないと100%ビジネスで成功できません。

だからこそ、
このスキルを身に着けて
この激動の時代を生き抜く力に
変えていきましょう!!

Foiiow me