ビジネス

【投資の重要性】貯金をすると貧乏になるは本当??

「貯金をすると貧乏になる」

こんな言葉を聞いた事ありませんか?

ひと昔であれば、「貯金をしなさい」が当たり前に言われていましたよね。

何故なら、ひと昔の銀行(ゆうちょ銀行)の場合12%もの利息がついていたからです。

だから、今の親世代から上の人は貯金を当たり前に進めてきます。(勿論いいことです)

はっきり言います。

これからの時代は貯金では無く、「投資(資産運用)」をしていかないといけません。

え、そんなお金ないよ・・・?

と言いたい気持ちは分かります。

僕もこの知識を知るまでは、投資はお金持ちがするものだと思っていましたが、手元にお金がないのであれば、むしろお金が無い時こそ投資の重要性について知る必要があります。

何故なら、100万円を管理出来ない人が1憶円を管理出来るはずがないからです。

今回は、まず

※何故「投資」をしないといけないのか?

この投資の重要性について理解を深めていきます。

銀行預金者は実は投資家

普段、お金を銀行に預けている(預金)と思います。

投資には、国債・融資をしたりしています。

では、銀行はどこで利益をだしているのか?

それが、投資してそこからの配当で利益を出し、今ではわずかですが僕たちに利息が付きますよね。

実は、預かったお金で銀行は、投資をしているのです。直接的には投資をしていないが、間接的に投資をしている事になります。(間接投資・間接金融)

言ってしまえば、銀行に預けている人は投資家と表現してもいいでしょう。

冒頭にも言いましたが、昔の利息はなんと12%で、100万円預けていれば1年後に112万円になるので、人は、自分が経験したことしか教える事が出来ません。

貯金をしなさいと言うはずです。

貯金をしなさいは言われたことはあるが、「投資」をしなさいと言われた事はないはずです。

はっきり言いますが、今の時代は、投資をしないといけません。

今の説明で間接的ではあるが投資に関わっていて、配当を貰っていることを理解出来していただけたでしょうか?

では、直接投資したらいいのでは?

と思う人も少なくないはずです。

しかし、直接投資をしない理由があるからです。その理由は、銀行に預ける事にメリットを感じているからです。

銀行のメリットを深掘っていきましょう。

〈銀行のメリット〉

・金利がついて少ないが必ず増える

・元本保証されている

・いつも引き出しできる

・安全保管できる

これらが銀行に預けるメリットではないでしょうか?

このメリットと感じていることに一回でもいいので疑いを持った事はありますか?

実は、これらのメリットとされている事が嘘だと言ったらどう思いますか?!

では、一つ一つ解説していきます。

実は、銀行に預けるメリットは嘘?!

 

①金利がついて必ず増えるのは嘘

確かにお金を預ければ、僅かですが利息が付きます。

では、ATMで引き出しする時に手数料が取られます。

この手数料は一回100円とか200円取られますが、年利で数円、一回引き出すのに数百円かかっているわけです。

と言う事は99.9%の人が残高が増えるどころか減っているのです。

だから必ず増える事は嘘になります。

②元本保証は嘘

銀行がつぶれた時の保証を知っていますか?

実は、つぶれた場合1000万円しか保証してくれません。

銀行がつぶれないと思っている人がほとんどだと思いますが、今のご時世分かりません。

元本保証も嘘になります。

③引き出し自由も嘘

何か金融危機が起きて、たくさんの人が引き出しに走れば銀行としても厳しいですよね。

預金封鎖という言葉を聞いた事あると思いますが、実際に金融機関や政府が銀行から引き出ししてはいけませんという事ですが、実際に起こっている事です。(アルゼンチン)

だからこれも嘘になります。

④安全な保管場所?!

今の時代、仮想通貨やトランプさんの発言など、インフレリスクでしかありません。

このインフレリスクを考えた事はありますか?

例えば、100円のパンが1万円になっているかもしれません。

お金というものは「価値が動きます」

だから円だけ持っていれば安全では無いという事になります。

だから安全に保管できていない事になります。

4つ言いましたが、整理をしましょう。

上記の図を見てください。

※預金思考・・・リスク〇、リターン×

※投資思考・・・リスク〇、リターン〇

ではどちらがいいですか?

100%投資した方がいいと思いますよね。

だから投資をしないといけないのです。

冒頭に言いましたが

「貯金をすると貧乏になる」と言いましたが、分かっていただけたでしょうか?

投資の重要性は分かったが、実際にどうのように投資をしたらいいのかわからないですよね?

そもそも貯金が出来ない?

そんな人も多いはずです。

このスキルがあれば解決できます。

マネーマネジメントスキル

 

投資をするにも、貯金をするにもお金が無いと始まりません。

一月のお金の管理が出来ていますか?

お金の管理を上手くできれば、毎月お金が足りないとかが無くなり、それどころか投資や貯金に回す事も可能になってきます。

このスキルを「マネーマネージメントスキル」と言ったりしますが、重要なスキルになってきます。

マネーマネージメントスキルに対して重要な事は、下記のポートフォリオを組む事です。

※ポートフォリオ=お金の設定をする

〈例えば〉

30万円の給料の人が引かれると24万円くらいですよね。

24万円に対してポートフォリオを組んでいきます。

大きく分けると

  • NEEDS  50% (12万円)
  • WANTS   30% (7万円)
  • SAVING   20% (5万円)

※NEEDS
絶対に必要なお金の事(家賃など)

※WANTS
娯楽費用(外食・デートなど)

※SAVING
ここが投資・貯金に回すお金

この20%のお金を作る為に娯楽費用を削っているから貯金をすることに対してストレスになっているわけです。

もし、NEEDS・WANTSをけずらいなくてもSAVINGを40%にする方法があったらいいと思いませんか?

それが「ブーメラン税」というものです。

ブーメラン税

 

収入や所得を上げるわけではなく、SAVING20%を40%にしていく方法です。

100%ものを120%にしていきます。

一言でいうと「ブーメラン税」と言います。

そのやり方が合法的に

「サラリーマン+個人事業主」という考え方です。

※サラリマン

・30万円の給料の内6万円が税金に引かれる

・手取りが24万円で

・WANTS・NEEDS(出費)が引かれ5万円が貯金となる

※サラリーマン+個人事業主

出費には業務に関する経費のみが前提

・30万円の売上、給料に対して出費が19万円ある(コスト)

・売上-コスト=利益11万円

・11万円に対して税金がかかり、1万円

・残りは10万円になる

このように税法を上手く活用する事によって残るお金が変わってきます。

日本という国は、金融の教育が全くされない国です。

だからこそ僕自身が知ったようにみなさんも知る必要があります。

活用してみてはいかがですか。

【経営会計能力】経営者がやるべきお金の残し方!施策方法!経営者にとってやるべき事は、いかに売上を上げお金を残し会社を回していく事です。 多くの経営者さんが悩んでいる事でしょう。 利...
Foiiow me