フリートーク

【継続スキル】学びを継続するのに必要不可欠!最強の仕組化!

 

皆さん、こんな悩みはありませんか?

  • ~を学んでいますが、モチベーションが上がらず長続きしない!
  • 何か取り組んでも、継続できない!
  • 直ぐに諦めてしまう!

ビジネスにおいてもそうですが、何かを学ぶにあたってこの悩みはつきものだと思います。

そもそもこれらの悩みの原因はなんでしょうか?

それはモチベーション(やる気や意欲の事)です。

この気持ちの浮き沈みがスキルアップの障害になっていると言えます。

そもそも何かを学ぶにあたり、モチベーションは必要でしょうか?

言わせて下さい!

ビジネススキルや何かを学んでいくうえで、モチベーションはいりません。

直ぐにその考えを捨ててください。

それでは理由を説明して行きましょう!

 

「成長の為の継続にモチベーションはいらない」 

 

モチベーションとは、人が行動を起こす時の心理的な動機です。

簡単にいうとやる気の事です。

例えば、会社の上司が部下をやる気にさせる為、飲みに誘い、

「君はこの会社にとって、必要な存在だ」 と言われたら

確かにその場では、部下のモチベーションは上がりますが

帰宅後、何かネガティブな事が起きれば、せっかく上がったモチベーションが

下がってしまって、仕事に反映されなくなってしまいます。

このように、モチベーションを上げることに集中してはいけないということです。

最も大切なのは、継続して成果に繋げる事、結果を出す事が目的のはずです。

では何をしないといけないか?

それは、モチベーションが関係なしに自分が動ける継続の仕組化です!

モチベーションではなく継続の仕組化!

 

継続する為には、継続するスキルが必要になってきます。

このスキルが無いと、スキル辞退身につく事ができません。

継続スキルとは仕組化(マニュアル)の事です。

例えば、マクドナルドの定員さんは、モチベーションが低かろうが、注文を聞き、

レジをして、飲み物を用意したり、ハンバーガをつくったりしていますよね?

この定員さんが、「今日はやる気が出ないからレジ打ちが出来ない」

なんて言わないですよね。

モチベーションが関係なしに業務を継続できるのは、

「業務のマニュアル」がしっかりしているからです。

では、どうやって継続のマニュアルを作っていくのか?

それが、スケジューリングです。

時間の確保とスケジューリングの徹底!

 

スキルアップの為、何かを学ぶにも時間が必要になってきます。

時間というのは、全員に1秒も狂わず平等に与えられた物です。

世の中には、成功者と呼ばれる人たちがいるわけです。

その人たちと何が違うのでしょうか?

それは圧倒的な時間の使い方の違いです。

時間の使い方には、上手い使い方と下手な使い方があるという事です。

では、自分の成長・自己変革をもたらす上手い時間の使い方とは何でしょうか?

「スケジューリング」です。

スケジュールと聞くと、ただ予定を入れることを思い浮かべると思いますが

ただの予定表ではいけません。

予定を入れるのではなく、行動を入れていくという事です。

 

〈例〉

例えば、このスケジュール表の

「カフェに行く」「人に会う時間」「学びの時間」

まず、行動を入れることです。

そこでやる内容はその時間までに決めておけばいいだけです。

そして、もしそのタスク通りにこなす事が出来なければ、

空欄(真っ白)にしていきます。

真っ白な状態をいかに減らしてけるかが、継続のカギとなります。

まさしく、行動管理かつ、目標管理シートでもあるという事です。

また、決めた時間管理通りに動かないといません。

この2つの事は

  • 予定を入れるのではなく、行動をいれる事
  • 時間管理通りに動く事

必ず徹底しましょう!!

 

タスクの重要性と緊急性

 

スケジューリングのやり方は分かっていただけたと思います。

いざ、スケジュール通りに学びの継続をしようとしても、日々やる事が多くて

結局、「時間がない」と嘆いてしまいます。

「時間がない」と嘆かない為にも、日々のタスクに対して、

優先順位をつけて行きましょう。

タスクのレベル分け


※一度、自分のやっている事を当てはめて下さい。

〈例〉

重要性と緊急性 緊急 緊急ではない
重要

・クレーム処理
・納期タスク
・相手に係る仕事

・スキルアップ
・資料作成
・健康維持
重要ではない ・急に人と会
・多くの電話
・テレビ
・飲み回

 

※この中で、絶対的に増やさないといけないタスクは

緊急ではない・重要である(青線) です。

このタスクこそが、自己変革するための時間になります。

※この中で、絶対的になくさいないといけないタスクは

緊急でない・重要でない(赤線) です。

この時間を学びの時間にしていかないといけません。

スキマ時間の活用法


スキマ時間には2種類あります。

  • 生産時間
    (~しながら聞くとか、~しながら見るとか)
  • 非生産時間
    (~しながら出来る事をしない)

例えば

電車通勤の場合、出勤してオフィスについてからメールのチェックをしていませんか?

これは非生産時間になり、通勤時間に確認が出来るタスクですね。

このように、いかに、非生産時間を生産時間に変える事が出来るかが重要です。

またこのスキマ時間の活用いより、日々のタスクをこなす時間の短縮に繋がります。

 

まとめ


この記事では、モチベーションの不要論や、継続するための方法を紹介しました。

  • 成長の為の継続にはモチベーションはいらない
  • モチベーションではなく、継続の仕組化
  • その仕組化とは、スケジューリングである
  • 日々のタスクのレベル分け

自己変革をもたらす為には、必ずスキルアップは必須です。

ぜひそんな方は、試して下さいね!

 

【マインドセット】ビジネスで成功する為の考え方!MUP式! ビジネスの世界において スキルや 「マインドセット」 はとても重要な事とされています。 今後、起業を考えている...

 

Foiiow me