フリートーク

【スキル取得方法】スキルは石の上にも3年はいらない!

 

多様化の時代に自己変革をする為にはスキルアップが必須です。

スキルを身につけるにはスキルを学ぶ為のスキルが必要になってきます。

では、どのようにしたら、

「最短」で、「最効率」で、「最も良い」

スキルを最大につけていけるのか?

説明していきます。

この記事をよむメリット

  • 自分の価値を上げていくスキルの付け方が分かる
  • スキル取得方法が分かる

 

石の上にも3年はいてはいけない!

 

結論からいうと大体のスキルは、3か月で付ける事が出来ます。

今の時代はオンラインで受講出来たり

もちろんオフラインでしか完結できないものもありますが

YouTubeなどを活用することで、取得出来ます。

様々なオンラインスクールのカリキュラムは3か月で設定してある事が多いですね。

自分の価値を上げていくスキルの付け方が重要!

 

今後の自分の未来に対してスキルを磨く事は絶対必要の中

どのようにスキルを付けていけばいいでしょうか?

一般的なスキルの付け方は

例えば

美容師だとしたら、髪をきるスキルをもっとつけたい!

料理人だとしたら、料理の質をもっと上げたい!

と思うのが一般的な考えです。

もちろん大事な考え方ですが、このスキルの付け方では

この多様化の時代で生き抜く事が困難です。

ではどうしたらいいでしょう?

それは

自分自身の希少価値を上げるスキルの付け方が必要になってきます。

人も企業も価値があるものにお金を払います。

どういう事か?

保育士を例にあげて説明していきます。

日本では保育士の人材不足でニュースにもなったくらいですが

実際には保育士の免許を取得している人は、120万人もいるのです。

驚きですよね!

日本の人口の100人1人は、保育士免許を持っている事になります。

しかし、統計の結果、実際に働いている人数は43万人しかいません。

何故でしょうか?

それは、給料が安いからです。

何故給料が安いのか?

それは、希少価値に問題があるということです。

東京にあるインターナショナルの保育園で働く保育士の給料は

平均50万円だそうです。

その理由は、外国語が話せるという事です。

しかも、英語だけではなく中国語など、複数の語学を話す事が出来るからです。

単純に、保育士免許を持っている人は100人に1人として、

英語が話せる人も100人に1人とします。

この2つのスキルを持った人は、

100×100=10000万人に1人 の人材になります。

当然希少価値が上がり、必然的に給料も高くなるのです。

一つのスキルではなく、複数のスキルを持ち、希少価値を上げる事が重要です。

言ってしまうと、日本の職人肌という考え方は時代遅れという事です。

自分は〇〇だ! と定義付けをするのは簡単ですが、

自分は〇〇かもしれない!

この思考が本当に重要です。

これまでやったことのない

領域のスキルを学ぶ事が

今後の多様性時代を生き抜くカギとなっていくでしょう!

スキルの取得方法

 

スキルの取得には、色々な方法がありますが

いかに効率良く、取得していくことが大事で

例えば

本を読む事はとても良い情報の取得方法の一つですが

今の時代には100%非効率です。

何故か、一つの事に集中してしまうからです。

スキル取得は非生産時間に徹底すべきです。

では、どうやって読むか?

読むのではなく、本は聞くということです。

今は、本を朗読してくれるサービスがあって

~しながら聞くことが出来ます。

運転中、通勤中、ランニング中など

効率的にインプットができるという事です。

 

まとめ

 

スキルを学ぶスキルという事で重要となる事を紹介してきました。

スキルを学ぶ事は重要ですが、

インプットしたら必ずアウトプットすることが重要です。

大事な事は

「インプットはアウトプットまでがインプット」 です。

スキルとは、相手に分かりやすく説明ができ、行動に移してこそです。

たくさんスキルをアップしていきましょう。

 

 

【営業スキル】契約をとる為に必要なテクニックとは?簡単手法! 営業職の方でこんな悩みはありませんか? 契約がとれない! 担当者にまったく取り合ってもらえない! お客さん...
Foiiow me