ビジネス

仕組化が事業拡大のカギ!爆益を生む方法とは?

会社経営や社員のマネジメントは経営者にとって頭を悩ませる事だと思います。

何百店舗ある企業や大企業は何故、事業拡大が出来ているのでしょう?

結論から言うと「仕組化」しているからです。

事業拡大や会社を大きくしていくうえで必要な事は「仕組化」なのです。

この仕組化こそが会社経営をより効率的にしていく唯一の方法と言っていいでしょう。

とても重要なスキルになるので、今回は仕組化について紹介したいと思います。

仕組化について

 

そもそも「仕組化」とは何でしょう?

簡単に説明すると、人やお金が要らなくなる仕組みの事です。

事業拡大や会社を大きくしていく最低条件と言っていいでしょう。

仕組化は色々ありますが、今回は会社経営で根本的な仕組化について紹介していきます。

仕組化について堀下げると

「事業スピードと収益性を保ったままの拡大を行う為の方法」が仕組化なのです。

例えば、1人で100万円の売上があったとしましょう。売上を伸ばす為に、10人採用しました。

仕組化が出来ていれば少なくとも1000万円の売上になるはずですが、会社の仕組みが出来ていないと1000万円どころか500万円・100万円になるかもしれません。

効率的ではないですよね。

人が増えたが売上が上がらあない会社はこの仕組化が出来ていない可能性が高いという事です。

人を増やす事で経営者が一番大変な部分はやはり社員のモチベーションケアではないでしょうか?

社員のモチベーションは外部要因で左右されます。

例えば、若い社員であれば彼女と喧嘩したとか、奥さんと喧嘩したとか、ありがちな事ですよね。

このモチベーションに関係なくパフォーマンスを発揮させるにはどうしたらいいでしょう?

それがマニュアル化とタスク化です。

モチベーションについて書いた記事があります。

学びを継続するのにモチベーションはいらない!最強の仕組化! 皆さん、こんな悩みはありませんか? ~を学んでいますが、モチベーションが上がらず長続きしない! 何か取り組んでも...

マニュアル化とタスク化の徹底

 

マニュアル化とタスク化の徹底こそが社員のモチベーションに関わらずパフォーマンスを発揮できる方法なのです。

全ての業務をマニュアル化とタスク化をしていく必要があります。

分かりやすい所でいうと、マクドナルドやコンビニ、チェーン店です。どこのお店に入っても接客やサービスに差がないですよね。

事業が大きくなれば大きくなるほどマニュアル化とタスク化の徹底が出来ている事になります。

ビジネスでサービス提供していく時は、必ずお客様が1000人いると想定してサービス設計をしていかなければいけません。

お客様一人一人に対して特別対応はしない事です。一見した方がよさそうですが、エスカレートしていき、きりがないからです。そういったお客様はお断りしてでもマニュアル化とタスク化の徹底をしましょう。

このマニュアル化とタスク化の徹底をしていくうえで重要な考え方があります。

それが、「トップダウン」という考え方です。これは、責任者が決めた方向性やフローに必ず沿っていくやり方です。悪く言うと独裁的なやり方ですが、方向性が間違っていなければ、事業展開が早いのが特徴です。

マニュアル化とタスク化の徹底を施策していくには重要なやり方ではないでしょうか。

トップ営業マンを作らない仕組化

 

マニュアル化とタスク化の徹底は売上を安定させます。

何故かというと、営業マンの営業のやり方もマニュアル化していくからです。

言ってしまうとトップ営業マンを作らない仕組化が重要だという事です。

新人の育成からマニュアル化していきます。

研修として会社の営業マニュアル動画や資料を覚えてもらい、テスト方式にすることで細部まで徹底できるようになります。

営業で重要な事は、お客様に選んでもらうではなくこちらで選ぶ事です。

例えば、お客様にアポを取るにしても、お客様によっては予定が合わず2週間後とかになってしまいます。

この期間利益になりません。とても効率がいいとはいえません。

なので、ここでもマニュアル化していくわけですが、自社に興味を持ってもらった時点で動画や資料を見てもらい、分からいな点を後日会って説明していきます。

このように温度の高いお客様だけに絞る事が出来ます。

だから事業拡大に繋がっていきます。

内部マネージメントも仕組化

 

会社はそもそも組織で成り立っています。そこで活躍する役職がマネージャーです。

そして会社のマネージメントとは、組織を機能させていく事がマネージャーの仕事なのです。

組織は「個」の集まりです。その個一人一人が実現したい事は様々です。

しかし、ほとんどの企業のマネージャーが同一のマネージメントを行っているのが現状です。

人によってマネージメントを変えなければいけません。

だからと言って一人一人に合わる事はとても現実的ではありません。

例えば、

Aさんは、あまり出社はしないが成果を出す人。

Bさんは、出社しないとやる気が出ない人。

管理体制を変える必要があるという事です。

では、どのようなマネージメントをしていけばいいのか?

それは大きく3種類に分類するだけでいいのです。

何の為に働くかによって分かれます。

  • 安定目的
  • 金銭目的
  • 自由目的

この3つに組織を分けなければいけません。

まとめ

 

今回は、事業拡大には「仕組化」が必須という事で紹介してきました。仕組化があれば、社員のモチベーションにや言ってしまえば、人に依存しない会社経が出来る事になります。何百店舗ある企業や大企業この仕組化を取り入れなければ事業拡大も出来なかったでしょう。

Foiiow me